山口県 宇部市 司法書士 行政書士 安光事務所 終活 遺言 相続 遺産分割 成年後見

成年後見

HOME | 成年後見

成年後見制度について

成年後見制度は、大別すると「法定後見」「任意後見」の2種類があります。
いずれも、判断能力が衰えた人を支援する制度です。
一見、便利そうな制度ですが、注意しておかないといけない事項がいくつかありますので、よく理解して利用しないと後で後悔することになりかねません。

法定後見とは

現時点で判断能力が不十分な方々を、その程度に応じて法律面や生活面で支援する人を裁判所に選んでもらう制度です。
たとえば、認知症の方で財産管理や手続きなどで自分でできない、または、なんとかできるけど不安な場合に後見人などを選任しておけば、財産管理や手続きを任せることができます。
 

(1)後見、保佐、補助 について

成年後見制度では、判断能力の程度によって3つの類型に分類され、それぞれ後見人、保佐人、補助人が選任されます。
いずれに該当しても、必要に応じて後見人等が本人の法律行為について、「代理」したり「同意、取り消し」したりすることで、本人の財産などを保護することができます。
 
【例1】
高額な商品をよく理解せずに勧められるがままに購入した場合に、代理権や同意が無いことを理由に契約を取り消したりできます。
 
【例2】
不動産を売却したいが意思表示ができずに手続きができない場合、後見人が本人に代理して手続きを行うことができます。
 
最近は、何をするにも「意思確認」を求められます。本人にその法律行為を行う意思が確実にあるかどうかを確認をして契約などを行わなければなりません。このため、認知症などの方は、金融機関でお金をおろせない、不動産を売却できないなど、財産処分ができない場面が多く存在し、後見人等を選任するよう求められます。
 

(2)選任の方法

家庭裁判所に申し立てます。申立の際に「後見人候補者」を記載します。
これは、一般的には身内で財産管理が可能な人を候補者として記載すると思いますが、後見制度の注意点の第1としては、必ずしも候補者が後見人として選任されるとは限らないということです。
 
家庭裁判所には、弁護士や司法書士などの「後見人候補者名簿」があり、身内に財産管理をさせるのが不適切と判断されると他人である専門家が選任されることがあります。専門家が後見人になると、その者に財産管理を全て任せることになり、専門家には毎月一定の報酬を支払わなければなりません。
 
身内が選ばれるか、他人が選ばれるかは裁判官の判断ですので、他人が選ばれる可能性を十分に考えておく必要があります。
 
 

(3)選任後

後見人等は本人の財産を適切に管理して、1年に1度は裁判所に財産状況を報告しなければなりません。また、重要な財産の処分については裁判所の許可を得て行わなければなりません。
 
後見制度の第2の注意点としては、被後見人の財産は基本的には被後見人のためにしか使用できないということです。たとえば、今までは被後見人のおじいちゃんの年金から学生の孫に生活費の援助をしたり、後見人である息子の生活費の一部を負担していた場合など、今後はできなくなる可能性が高いです。
 
いくら、身内で同居しているからといっても、被後見人の財産は他の家族と混在してはなりません。

任意後見とは

法定後見は「現在、判断能力がすでに低下している」方を対象としているのに対し、任意後見は「現在は判断能力に問題が無い」方を対象としています。
 
任意後見は、現時点で判断能力に問題が無い人が、判断能力が衰えた時に備えて今のうちに自分の希望を契約にしておく制度です。
 

(1)手続き

任意後見契約を公正証書で締結します。この時点では、契約は発効しません。
その後、判断能力が低下した時に、裁判所に後見監督人の選任を申立ててから任意後見契約が発効します。
 

(2)契約発効後

任意後見人は法律行為を代理します。また、任意後見人は後見監督人に財産管理状況を報告しなければなりません。

法定後見と任意後見どっちがいい?

法定後見は現時点で判断能力が低下した人のための制度で、任意後見は将来に判断能力が低下した時のための備えですので、すでに判断能力が低下しているのに任意後見は利用できませんし、お元気なのに法定後見は利用できません。利用される方の心身の状況でどの制度が利用できるかは自動的に決まります。
 
お元気な時に将来のために自分の意思で備えるなら任意後見、いつか判断能力が低下するようなことがあったらその時に対応すれば良いということであれば法定後見を利用するということになります。
 
自分がもし判断能力が低下した時に今のうちに備えておいた方がいいのか、そこまでする必要が無いのかを家族と話し合って、場合によっては専門家に相談されるのがよろしいかと思います。