司法書士 行政書士 遺言 相続 遺産分割 成年後見

相続を放棄したい

HOME | 相続を放棄したい

相続放棄について

相続放棄とは

相続財産は、プラスの財産だけでなく、マイナス財産をも含んでいます
借金を残して死亡すると、その借金は相続人に引き継がれます。その場合、プラス財産より、明らかに借金が多くて返済の見込みが無い借金を引き受けると相続人の生活がたちまち破綻してしまいます。
 
このような場合、相続放棄の手続をとることによって、その相続財産を引き受けないことができます
一般的に、遺産分割協議で財産を受け取らないことを「放棄した」と言われる人がいます。遺産分割協議で財産をいらないと言っても、借金は引き受けることになります。
 
仮に、遺産分割協議で「借金は財産を引き受けた人が負う」としても、財産をもらわない他の相続人も借金を逃れることはできません。なぜなら、借金の負担に関しては遺産分割協議の対象とならないからです。A,B,Cの相続人が借金はAが負うという遺産分割協議をしても債権者がそれを承諾しない限りBにもCに対しても借金を払うように請求できます。
 
相続財産を放棄するには、家庭裁判所に放棄の申立をしないといけません。ただし、借金だけを放棄することはできません。被相続人名義の家に住んでいて、他に財産は無く借金だけが多額に残った場合には、借金も家も放棄するか、借金も家も引き継ぐかという判断を慎重にしないといけません。
 
  

手続方法

相続人が被相続人の死亡を知った日から3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄申述書を提出します。「知った日から3か月以内」であり「死亡の日から3か月以内」ではないことに注意が必要です
 
「知った日」を自分の都合の良いように設定することはできませんが、裁判所は様々な事情を考慮して判断するので、被相続人が亡くなって3か月を過ぎているからといってすぐにあきらめる必要はありません。まずはご相談下さい。
  
 

効果

相続放棄申述が認められると、はじめから相続人ではなかったものとみなされます。 放棄をした者は相続人では無くなる為、相続人の一切の権利や義務を受け継がなくなります。

その結果、放棄した人の相続分が次の相続人に移ります。たとえば、子供全員が放棄すれば、今度は親が相続人となります。親がすでに亡くなっていれば親の兄弟(叔父、叔母)、その人達が亡くなっていればその子供(いとこ)が相続人になります。
 
自分たちは相続人ではないから関係ないと思っていた人たちがある日突然相続人になり借金を負うことになります。この人たちも期限内に相続放棄をすれば借金から免れることができますので、相続放棄をするときは、次順位の相続人に連絡するなどして放棄をすべきです。
 

相続放棄をする際には、プラス財産とマイナス財産を正しく把握すること。
次の順位の相続人への配慮が大切です。